HOME > コラム > SEO対策 > Twitter LiteからAMPページへのリンクが出てる件

Twitter LiteからAMPページへのリンクが出てる件

コラム

Google Analyticsのアクセスされているページに、AMPページが一定数、いつも出てきています。
AMPページが表示されること自体、珍しいことではないと思うのですが、検索エンジン以外からAMPページへのリンクはないものかと常に探していたりします。
そうしたところ、Twitter LiteからAMPページのあるリンクをタップすると、AMPページが開くということが分かりました。
TwitterはモーメントにまとめられたらAMPページが出るとは聞いておりましたが、別にモーメントにまとめられてないドメインからもAMPページを開くようになったのでしょうか。
詳しい検証ができたわけではありませんが、そんなAMPページが開いた経緯をご紹介いたします。
「ちょっとは役に立ったかな?」や「ちょっと面白いな(笑)」みたいなことを感じられましたら、シェアして頂けますと幸いです。

SEO対策に投稿したコラム記事

Twitter LiteからAMPページへのリンクが出てる件

Twitter Liteイメージ
Twitter LiteはAMPページをリンクする
発見したきっかけ

Google Analyticsを見てると、AMPページが読まれていることを確認することができます。
多分、AMPを実装している以上、一定数、Googleのオーガニック検索でスマホからアクセスされるんだろうなぁ・・・と思っていたんですが、リクエストされたページに引数があることも確認いたしました。

変な引数が付いているんですが、普通のTwitterアプリやEcofonのようなtwitterクライアントを使っても見ることができません。
ということで、兼ねてからホーム画面に設置していたTwitter Liteで確認したら状態を把握することができた・・・という流れです。

ついていた変な引数は以下の通りです。

  • ?__twitter_impression=true

AMPページでは、そもそもcanonical=""を指定しているのでいいんですが、時折、こういう勝手に引数がついてくるので、全く関係のないページでも常にcanonical=""は指定しておくべきなのかもしれませんね、そんなことを思います。

ところで、Twitter Liteって何?

ところで、Twitter Liteって何?って話ですよね。
まずは、本家のご説明をご確認ください。

電波が悪いところでもサッと読み込めるように工夫されたTwitterのPWA(Progressive Web Apps)のことです。
スマホでTwitterのページをホーム画面に残すと、Twitter Liteがホーム画面に設置されます。
次からホーム画面のアイコンをタップすると、Twitter Liteが起動します。

開いたページはWEBページではあるものの、アプリ的な性質を持っているページとなります。
これをPWAと言い、TwitterはこのアプリをTwitter Liteと称しているというところです。

確認が取れた状態について
1. Twitter Liteでリンクをタップする

一応念のためですが、AMPページがあるページでないとAMPページは開きません。
厳密に言うと、AMPページが明示されている通常のページでないと、AMPページのリンクは開きません。

リンクをタップする

このTwitterアカウントは自分のアカウントで調べています。

2. AMPのページが開く

そうしますと、自動でAMPページが開きます。

AMPページがブラウザで開く

しかし、PCやスマホであってもブラウザやTwitterアプリでリンクをタップすると、AMPページは開きません。
これはTwitter Lite特有の動きであることが分かります。

3. ということで、URLを確認してみます

URL、やはりAMPページを開いていますね。

URLを確認する

4. 引数も確認

引数も正常に確認がとれました。
AMPというのは、思いの外、いろんなところで影響があるのかもしれません。

引数がついていることを確認する

その他補足

Google Analyticsが最初に気づくきっかけになりました。
ということは、実感値としてAMPの影響を感じなくても、AMPを実装していることによっての影響はあるかもしれませんね。

特にAMPページにアクセスする経由はかなりプロ仕様な感じがしています。
何も知らない人がアクセスする経由ではありません。

また、この一連の動作、なんでもいいけど、物凄く早いです。
途中、通信で詰まることもなく”ヒュンヒュン”表示されるので、ストレスを感じません。

そんなことを考えると、何かしらを端的に伝える経由としては言うことないかもしれませんね。
そんなことも感じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

個人的に暗中模索状態なAMPでしたが、使って見るとかなり快適な感じがします。
まだまだAMPの恩恵を感じたことはなかったですが、もっと時間が経てば何かしらの恩恵を感じても不思議ではない気がしてきました。

TwitterがAMPページを表示するなど、正式に告知したなど見当たらなかったので知らなかったことでしたら、ひょっとするとどこかで告知されたかもしれません。
そんな時はご指摘をいただけますと幸いです。

執筆 : 清水 隼斗

Twitter LiteからAMPページへのリンクが出てる件のAMPページ

Facebookコメント

他のカテゴリ記事は下記からお選び下さい。
SEO対策に関する記事を投稿するカテゴリです。とにかく、SEO対策のことのみを記事にしようと思います。弊社の本業です(笑)
インターネットやWEBに関する総合情報に関する記事を投稿するカテゴリです。技術的なことでも出来るだけ分かりやすくしていこうと思います。
社内での出来事やランチのことなど、小さなことから大きなことまでを投稿するカテゴリです。少人数なのでネタは限られてますが面白可笑しくいきます!
その他、上記に当てはまらないことは全てこのカテゴリに投稿します。弊社の歴史・・・というわけではありませんが、後になって懐かしむことが出来る記事を投稿します。
株式会社SEMラボラトリー
TEL : 06-4394-8427
MAIL : info@oosaka-web.jp
PAGE TOP