HOME > コラム > SEO対策 > Google Analyticsのデータ保持期限の設定

Google Analyticsのデータ保持期限の設定

コラム

Google Analyticsでは、データを保持する期限を設定することが出来るようになりました。
2018年4月末頃から設定出来るようになっていますが、この設定が有効になるのは5月25日からだそうです。
この設定が出来るようになったのは、ヨーロッパで施行される個人情報保護に関する法律が影響しているためです。
データの保持を2年にも出来ますし、無期限に設定も出来ますし・・・という感じですぐにデータが消えるというわけではないんですが、どこまでデータを保持するかを設定する流れになります。
ということで、ここでは、そのデータの保持設定に関する操作を解説したいと思います。
「ちょっとは役に立ったかな?」や「ちょっと面白いな(笑)」みたいなことを感じられましたら、シェアして頂けますと幸いです。

SEO対策に投稿したコラム記事

Google Analyticsのデータ保持期限の設定

GoogleのTwitterのツイート
Google Analyticsのデータ保持期限の設定について

去る2018年4月中旬、Google Analyticsが公式に機能に関する仕様変更のリリースがありました。 詳しくは以下のページをご覧ください。

これは、ヨーロッパの個人情報保護に関する法律の施行が影響してのことだそうです。
詳細については情報が出ていないのでアレですが、Google Analyticsのデータに個人情報が含まれるが故の出来事だそうです。
色々あるんですね。

そんなこんなで理由はともかくとして、データの保持に関する機能については知っておかなければいけないと思いますので、設定するしないに関わらず操作については理解するようにしてください。
それでは、解説をはじめます。

Google Analyticsのデータ保持期限の操作
1. Google Analyticsの「管理」をクリック

まずは、下図の通り、レフトメニュー部分の最下部にある「管理」をクリックしてください。

レフトメニュー部分の「管理」

2. プロパティ欄にある「トラッキング情報」をクリック

次に、プロパティ欄にある「トラッキング情報」をクリックしてください。
ここまでは画面に変わりはありません。

トラッキング情報をクリック

3. 「データ保持」をクリック

「トラッキング情報」をクリックすると、その後、画面繊維はせずクリックしたところから選択肢が出て来ます。
この選択肢に変化が出ています。

データ保持をクリック

4. 保持期限を選択

「データ保持」をクリックすると、画面繊維します。
そこに「ユーザーデータとイベントデータの保持」という画面に繊維します。

データ保持をクリック

5. 「ユーザーデータとイベントデータの保持」をクリック

「ユーザーデータとイベントデータの保持」をクリックすると、保持期限の選択肢が出て来ます。
そこからデータの保持期限を選んでください。

データの保持期限

6. 設定完了

以上で設定完了です。
この設定は2018年5月25日から有効になるようですので、それまでに一度は触るようにしておいてくださいね。

まとめ

操作に関しては以上です。

今年の末頃にデータの保持期限を変更したりするとどうなるかが分かりませんが、前年比というデータを出したりする場合には昨年、一昨年と過去のデータは必要になります。
とは言え、デフォルトで2年のデータの保持期限はありますので、慌てる必要はないかもしれません。

慌てる必要ないとは言っても、無視できることではないので、まずはご一読いただき、色々触るようにしてください。

執筆 : 清水 隼斗

Google Analyticsのデータ保持期限の設定のAMPページ

Facebookコメント

他のカテゴリ記事は下記からお選び下さい。
SEO対策に関する記事を投稿するカテゴリです。とにかく、SEO対策のことのみを記事にしようと思います。弊社の本業です(笑)
インターネットやWEBに関する総合情報に関する記事を投稿するカテゴリです。技術的なことでも出来るだけ分かりやすくしていこうと思います。
社内での出来事やランチのことなど、小さなことから大きなことまでを投稿するカテゴリです。少人数なのでネタは限られてますが面白可笑しくいきます!
その他、上記に当てはまらないことは全てこのカテゴリに投稿します。弊社の歴史・・・というわけではありませんが、後になって懐かしむことが出来る記事を投稿します。
株式会社SEMラボラトリー
TEL : 06-4394-8427
MAIL : info@oosaka-web.jp
PAGE TOP