HOME > コラム > WEB全般

WEB全般に関するコラム記事

コラム

インターネット関係やWEB関係に関する記事を投稿しているカテゴリです。
アプリのことやサービスのことや、ニュースなど幅広く書いています。
「ちょっとは役に立ったかな?」や「ちょっと面白いな(笑)」みたいなことを感じられましたら、シェアして頂けますと幸いです。

WEB全般に投稿したコラム一覧

Slidebarsサイトイメージ
Slidebarsは、上下左右から自由にメニューを出すことができるjQueryプラグインです。以前に記事にした「SIDR」と同じような動作をします。動作仕様は大きく違います。Slidebarsをカスタマイズしたりするには、元の仕様のまま使うとすれば HTML5 の canvas の概念が分からないと若干難しいかもしれません。その辺りを踏まえて見て頂ければと思います。
Material Design Hierarchical Displayサイトイメージ
久しぶりのjQueryプラグインの実装レッスンのコラム記事です(笑)Material Design Hierarchical Displayは、親要素に特定のタグを入れ、その中にある子要素をタイル状にして表示するjQueryプラグインです。そして、animate.cssを使い、タイル状になった子要素のコンテンツにアクションを生み出すという感じです。Material Design Hierarchical Displayのデフォルトの仕様は、子要素をタイル状にして表示する、という仕様です。本家でもそうですが、animate.cssを使い、そのタイル状になった子要素にアクションを追加しています。オプションでアクションの仕様も変えることが出来るようなので、色々なチャレンジすることで面白い動作をするのではないでしょうか。
jqFloat.jsサイトイメージ
jqFloat.jsは、コンテンツ要素をふわふわ動くような挙動をさせるjQueryのプラグインです。フローティングという感じの動作をしてくれます。コンテンツ要素をフローティングさせるため、枠取りをきっちりしておかないと他のコンテンツにまでフローティングしているコンテンツが侵入するため、そのあたりを気にしたいところだと感じました。使いどころは少ないかもしれませんが、要所要所で使う分にはポイントになると思います。今回は「position="absolute"」を使っています。ちょっとしたノウハウ習得にもつながりやすいかな?と思います。
Owl Carouselサイトイメージ
Owl Carouselは、画像スライダーのjQueryプラグインです・・・ただ、細かいオプションが豊富に用意されていて、それでいて表示パターンも変えることが出来るのが特徴です。過去のバージョンは重さなどを感じたことがあったのですが、最新バージョン(v1.3.3)ではかなり快適に動いてくれています。画像スライダーのjQueryプラグインは色々な種類がありますが、とりあえずカスタマイズ性と挙動感を悪く感じないようだったらおススメしたい感じがするプラグインです。本家サイトでデモが設置されていたり、ダウンロードファイルの中身も分かりやすいですし、とりあえずカスタマイズの練習をしたい方でもおススメだと感じました。
Intro.jsサイトイメージ
Intro.jsは、WEBページ上でチュートリアルをスタートすることが出来るjQueryプラグインです。jQueryを使わなくても動作するようですが、細かい動きに違いが出るようです。ここでは、デフォルト状態で実装することを解説致しますので、まずはデフォルト状態をご理解頂けます。類似したjQueryプラグインを紹介したことがありますので、併せてご確認ください。「Tooltip(吹き出し)を出すことが出来るjQueryプラグイン「Tooltipster」の使い方」、「注釈を入れるためのjQueryプラグイン「Chardin.js」の使い方」
Headhesive.jsサイトイメージ
スティッキーヘッダーが流行っているのかスティッキーヘッダーを多く見受けたので、スティッキーヘッダーを実現するJSソースを簡単WEBサイトテンプレート(PHP)に組み込んでみました。Headhesive.jsはjQueryなどは使いませんので、単なるJavaScript記述(以降、js記述としますね)です。因みに、スティッキーとは、粘度のある状態のことを意味していまして、ブラウザ上部に固定でくっついてくることから、スティッキーヘッダーと名付けられたそうな・・・。今回、スマホ対応部分において、通常の簡単WEBサイトテンプレート(PHP)では手間が発生致しましたので、「スマホで横長メニュー部分だけをスクロールするCSS装飾」に実装しました。
Animsitionサイトイメージ
ページを遷移する時、ページの切り替わりにフェードのエフェクトを加えるjQueryプラグインの紹介です。オプションが豊富にあるので、リンクをクリックした時、リンク先のページが表示される時などなど、おしゃれな感じの挙動をしてくれます。ただ、大規模サイトには向かないと言いますか・・・何ページにも実装するのも若干しんどい気がしますし、何より、リンクをクリックするたびにこのような動作をするのはちょっとしんどいところです。あまり慣れのあるタイプの動作はしないため、その点について考慮する必要はあると思われます。AnimsitionはそんなタイプのjQueryプラグインです。
vTickerサイトイメージ
サイト内の新着通知や、突発的なお知らせを小スペースで表示することが出来るvTickerを紹介したいと思います。vTickerはティッカーと呼ばれる表示方法を実現するjQueryプラグインです。htmlで言うところの”marquee”と同じような表示をしますが、vTickerは横に流れるのではなく、縦に流れます(スクロールします)。今、初めて知ったのですが、googleで「marquee html」と検索すると、検索件数の表示部分が横に流れるようになってました。
アコーディオンメニューサイトイメージ
今回は、jQueryを活用したチップス的な開閉によってアイコンを切り替えるアコーディオンメニューを紹介したいと思います。jQueryプラグインと言えばプラグインですが、非常に簡単に記述している程度のJavaScriptのチップスと言ったところです。というのも、最近、コンテンツやサイトを制作することが多いのですが、その時によく使うモノだったのでメモ代わりに残しておこうと思った次第です。
View Mode Switchサイトイメージ
View Mode Switchは、ブログやECサイトで重宝する機能を持ったJavascriptライブラリ(?)です。ライブラリという言い方が正しいかどうか分かりませんが、ここではライブラリという扱いでいきたいと思います。ブログでは、「ブログ記事一覧」で個別ブログ記事が縦に並ぶことが多いと思います。ECサイトでは、「商品一覧」で商品が横に並ぶことが多いと思います。デバイス毎に見せ方を変えているサイトも多いと思います。そんな”一覧表示”の部分において、縦並び、横並びの両方を実装することが出来る機能を持っているのが、View Mode Switchです。
Chardin.jsサイトイメージ
Chardin.jsは、ページ中にオーバーレイで注釈(コメント・解説)などを挿入表示してくれる、マニュアルや解説ページを作成するに時にとても重宝しそうなjQueryプラグインです。クリック一つで注釈が開き、クリック一つで注釈が消える・・・そんな便利な機能です。トリガーの設定などが分かればとても簡単に実装出来ますが、トリガーの実装などが理解出来ていない場合、少し難しいかもしれません。ということで、そんな時は、本項に記載しているソースをそのまま使って頂くとすぐに使えるので、理解してないくても大丈夫です!
REMODALサイトイメージ
モーダルウィンドウを出すjQueryプラグイン「REMODAL」の使い方を紹介したいと思います。また、この手の挙動をする時の(SEO観点における)注意点も挙げたいと思います。こんなことを言うのもアレですが、実は「REMODAL」のフル機能を理解出来ていません(苦笑)便利な機能が備わってるようですが、単体スクリプトとして使うわけではなく、動的に使われる機能っぽいので、その部分については触れずにおきたいと思います。というのも、一通り見て触って確認した後に、答え合わせが出来る情報がなかったので・・・という感じでした。ですので、本項では、モーダルウィンドウを出す消すということと、その注意点に焦点を当てたいと思います。
Photopile JSサイトイメージ
WEBサイト内で写真や画像素材を動的に演出すると言えば、カルーセルやマウスオンオフが多いと思います。カルーセルやマウスオンオフ以外の演出をしたいと思った時に使えるjQueryプラグインがこれです!社内の写真や過去に使った画像などを、アーカイブとして見せるようなやり方をすると、このプラグインが光るような気がします。私自身、なかなか使うタイミングがないのですが(笑)、画像の使い道をお考えの方にはぜひおすすめしたいjQueryプラグインです。
RRSSBサイトイメージ
SNSにシェアしてもらうためのソーシャルボタンを簡単に設置することが出来るフレームワークを紹介したいと思います。「RRSSB」は略称でして、フルネームは「Ridiculously Responsive Social Sharing Buttons」です。jQueryを使っているためjQueryプラグインと言えばそれまでなんですが、今回は単なるフレームワークとして紹介したいと思います。シェアボタンの絵柄はSVGを用いて表現しており、レスポンシブにも対応しているため、必要なシェアボタンを選んで設置するだけですので、簡単にシェアボタンを設置することが可能です。
Tooltipsterサイトイメージ
今回は、ちょっとコンテンツを彩る機能を持ったjQueryプラグインを紹介したいと思います。コンテンツに吹き出しを付けるためのjQueryプラグイン「Tooltipster」です。絶対に必須というわけではない装飾ですが、コンテンツに吹き出しを付けることが出来れば、補足説明が思った以上にすっきり簡単にできてしまう優れものだったりします。もし、補足説明などの記述場所にお困りの時には、是非おススメしたいjQueryプラグインです!
Googleスマホ検索イメージ
今回は、簡単WEBサイトテンプレート(PHP)のスマホページのグローバルメニューをGoogleのスマホページのようなメニューにしようと思い修正を加えてみました。Googleのスマホページはグローバルメニュー部分が横長になっており、スクロールするようになっています。当記事に掲載している画像の赤枠の箇所です。同等に実装したのではなく、CSSのみの修正で実装をしています。よく似たjQueryプラグインもありましたが、出来るだけ軽い内容で実装したいと思いました。
Galleriaサイトイメージ
今回は画像ギャラリーをつくるjQueryプラグインの「Galleria」の使い方を解説致します。画像ギャラリーのjQueryプラグインはたくさんあり、それぞれに特性がありますよね。出来るだけその豊富な種類を知ってケースに応じて使い分けたいところです。今回の「Galleria」は、多数の画像を見せたいと思われる方にとっては便利な機能を持っています。
フリーフォントイメージ
今回は、フリーで使えるフォントファイルの紹介を致します。以前にWEBフォントの紹介を致しましたが、今回はローカルのフォントファイルの紹介です。最後に、フォントファイルの使い方も紹介致しますので、フォントファイルのことが分からない方でもお使い頂けます。
Font Awesomeサイトイメージ
今回はWEBアイコンフォント「Font Awesome」の使い方を解説しようと思います。使い方は物凄く簡単です。JavaScriptやjQueryなどを使うわけではありません。アイコンファイルとCSSファイルをアップして指定するだけで使えてしまいます。使いどころがあったら迷わず使いたいところですね。
Creative Gooey Effectsサイトイメージ
今回のjQueryプラグインは「Creative Gooey Effects」と称するプラグインでして、目的の要素にエフェクトをかけるjQueryプラグインです。数種類のエフェクトを設定することが出来ます。今回は、シェアボタンに動きを持たせるエフェクトを実装してみました。どのエフェクトも凄く面白い感じがしています。平素、あまりクリエイティブな側面には触れていませんが、クリエイティブな要素を持たせたい方は是非見て頂きたい内容です。
AMP HTMLのSNSシェアボタンイメージ
昨日、AMP HTMLのサイドバーの拡張機能をAMPページに実装しました。そして今日、サイドバーと同時にリリースされたSNSのシェアボタンをAMPページに実装しました。本家の参考ソースなどを見ましたが、そのままでは実装出来ないものもありましたので、メモしておきたいと思います。しかし、リリースされたのが昨日の今日で参考ソースと実装して動作するソースが違うって、、、何でですかね?苦笑
AMP HTMLサイドバーイメージ
つい先日、2016年5月24日にAMP Projectが幾つかの拡張機能をリリースしました。サイドバー、アコーディオン、SNSのシェア、ダイナミックCSSの4種です。ということで、今回、当サイトにサイドバーを実装しましたので報告です。少し問題があったように思いましたので、メモ代わりに記事に残しておきたいと思います。
textillate.jsサイトイメージ
今回のjQueryプラグインの組み込みは画像スライドショーではなく、テキストにアニメーションをかけるjQueryプラグインです。動画を使わずに、テキストを動的に表現するためのjQueryプラグインです。アイキャッチの部分などに使うと、かなり動的な表現が出来るようになります。既存のホームページやシステムの中でUIに動きを出したい時に使いやすいと思います。組み込み自体はそこまで難しいモノではありませんが、設定内容が理解できないとちょっと難しいかもしれません。基本的には書き込むだけのことでして、CSSの改変などは必要ありません。ということで、構えず見て頂ければと思います。
Flickityイメージ
「Flickity」は、画像スライドショーのスクリプトです。このスクリプトの特徴は、多様な組み込み方法がある画像スライドショーというところです。HTMLとCSSとJavascriptでコントロールが出来、jQueryを使ってコントロールすることが出来ます。ですので、jQueryの設定やオプションを無視しても一定の動作をコントロールすることが出来ます。予めですが、ここでは正常に動作していますが、一部ちょっとした記述ミスで上手く動作しませんでした。色々なオプションの設定も色々出来ますが、かなりデリケートに作られてるように見受けました。が、とりあえずは色々出来たので、メモ代わりに公開しておきたいと思います。
Slider Proイメージ
バリエーション豊富な画像のスライドショー「Slider Pro」の設置方法を解説致します。「Slider Pro」はオプションも豊富なんですが、そもそもの表示設定のためのバリエーションが豊富でして、その分、見せ方も大きく変えることが出来るjQueryプラグインです。多くのスライドショーのjQueryプラグインは、オプションがウリになってることが多いですが、「Slider Pro」は豊富な見せ方が出来るというところではないでしょうか。その分、細かい設定が多いという面倒なところもありますが、そこは目を瞑って・・・と思います(笑)
Flexslider2イメージ
画像のスライドショー「Flexslider2」の設置方法を解説致します。幅広いオプションが用意されたjQueryプラグインで、多くのサイトで利用されています。今回は、スタンダードタイプの設置例を解説しています。あまり多くのカスタマイズをしなくてもそのまま使えるjQueryプラグインですので、まずはそのままの使い方を憶えて頂くのがベストだと思います。
CSSで放射状(円形)グラデーションイメージ
今回は、CSS3で放射状(円形)のグラデーションをつくってみたいと思います。細かい指定があるので、その指定する要領を掴んでもらうことがポイントです。実際に放射状(円形)でグラデーションを使うシーンってあんまりないんですけどね、こういうテクニカルなことを少し知っておくだけでも幅が広がると思います。是非、頭の片隅に置いといてもらえたらと思う次第です。
グラデーションイメージ
前回までの記事でCSSの小技を紹介致しました。ということで、その勢いでCSSでグラデーションを実装する記述を紹介したいと思います。基本的に古いブラウザ(IE8以前)でなければ普通に表示してくれるため、ちょっとした装飾で使っても何ら問題ないと思います。ボタンの背景グラデーションで最も使われているのではないでしょうか。それでは、進めていきたいと思います。
CSSコーディングイメージ
CSSの小技集、今回はスマホ端末対応編ということで書き進めていきたいと思います。前回の記事では、PCブラウザ対応編でした。PCブラウザ対応編とスマホ端末対応編とでは、根本的に異なる部分があります。ブラウザバグ対策などは基本的に変わりませんが、絶対値として変わる値があるので、全てはそれを基準にしてCSSを記述する必要がございます。ということで、テクニカルな記述については変わりませんが、配慮すべき点を交え、スマホ端末向け記述で解説していきたいと思います。
CSSコーディングイメージ
今回はCSSの小技集的な感じで、覚えておくと便利なCSS記述を紹介したいと思います。意外と使い道が多い記述を集めています。今回はPCブラウザ対応編です。レスポンシブやAMP対応については考慮していません。横幅を揃えることでレスポンシブでも対応出来ますが、ここでは一旦考慮せずいきたいと思います。CSSに慣れのない方には少々小難しいかもしれませんが、コピペで使える記述もありますので是非使ってみて頂きたく思います。あと、ブラウザバグ回避のための記述もあります。
Lazy Loadサイトイメージ
平素あまり意識しないかもしれませんが、1ページ内で画像の表示量が多いページでは画像の表示が多いと読み込み量が多くなります。そんな読み込み量をコントロールしてくれるjQueryプラグインがLazy Loadです。ブラウザの表示領域に画像が入ると表示してくれます。ブラウザの表示領域に入らない間はレンダリングしないため、負荷軽減というところです。1ページ内で画像の量が多いページにお悩みの運営者様には欠かせないjQueryプラグインです。
Masonryサイトイメージ
最近あまり見なくなりましたが、リキッドレイアウトのようにした時にカラムを揃えてくれるjQueryプラグインを紹介したいと思います。厳密には、リキッドレイアウトでなくてもカラムを揃えてくれます。ブラウザサイズでレスポンシブ対応を採用しているサイトでは活躍する機会がある機能を持っています。本家サイトでは上手く実装しているようですので、本家サイトがデモサイトのような感じです。今回のコラムでは、横幅を100%で取って一部リキッドレイアウト化して紹介したいと思います。
matchHeightイメージ
地味に便利なjQueryプラグインの「matchHeight」を紹介致します。このjQueryは横並びになるカラムの高さを自動で調節してくれる地味でありながらかなり便利なjQueryプラグインです。レスポンシブ対応する時などには重宝すること間違いなしと言わんばかりの機能を揃えています。ポイントは”「 float 」を活用している時のカラムの高さ”です。では、早速進めていきたいと思います。
アニメーションGIFイメージ
今回は、FireworksでアニメーションGIFを作成したいと思います。と言いますのも、つい先日、何年か振りにアニメーションGIFを制作致しまして、記念に残しておこうかと・・・(笑)最近はあまり見なくなりましたよね、動的な画像を見せる時はjQueryやフラッシュが増えました・・・フラッシュはだいぶ見なくなりましたが。5年以上前にはもっと使われてたと思うアニメーション、改めて制作の仕方を残しておこうと思います。
SIDRサイトイメージ
今回は、jQueryプラグインの「SIDR」を紹介致します。このjQueryプラグインは、ページの上下左右からメニューが出てくる挙動をするプラグインでして、スマホアプリでよく見るような感じのサイトを演出することが出来ます。同様の挙動をするプラグインやJavascriptが多数あるので、色々なものがあるということを知った上で見て頂ければと思います。
ドロップダウンイメージ
久しぶりに、動的要素の組み込み実践コラム記事です。ここのところ、AMP HTMLやイラストレーターでの作業をアップしてたものでして、動的要素の組み込みが遠のいていました。ということで、戻ってきまして、簡単WEBサイトテンプレート(PHP)への組み込みを配布しています。
集中線イメージ
前回に引き続き、Illustratorを使ったネタをお送りしたいと思います。今回は集中線を書く方法です。前回に書いたオノマトペ的な、手書き素材と併せて使うとこの上なく便利です。単発的な使い方をするよりは継続的なサイトデザインの一環とすれば、操作やイラストにも慣れてくるのでデザイン力の向上につながるのではないでしょうか。ということで、まだまだそういうデザインに触れたことのない方には是非触れて頂きたい内容です。
手書き文字イメージ
今回は手書きでつくった文字や絵を素材として使う方法を紹介致します。手書き素材となるので、やはり絵に対しての慣れがないと、素材そのものが貧弱に見えたりするのがしんどいところですが、絵に慣れが出れば間違いなく使えます。オフィシャルなサイトではなかなか使えない素材でも、ブログのネタ素材などにも使えるかもしれません。また、名前を手書きして名前だけをトレースして使うということは日常的に使ってもおかしくありません。簡単にできてしまいますので、どこかで活用されてみてはいかがでしょうか。
SVGコードイメージ
adobeのIllustratorを使ってSVG画像を作成する方法を紹介致します。当サイト内のロゴに関してはこのSVG画像で出力していまして、SVGコードで表示しています。スマホから見ても綺麗に表示されているかと思います。画像のサイズを変更しても画質が劣化しにくいなどのメリットがあり、やってみるとどんどん活用したくなるのがSVG画像です・・・と思います(笑)
Google Noto Sansイメージ
前回の記事に引き続きまして、Googleが提供しているWEBフォントについて書きたいと思うんですが、今回はフォローアップ的な記事だと思って頂ければと思います。前回に引き続きサンプルファイル用のダウンロードファイルをアップしていますが、前回のファイルと同じような感じの記述を入れるだけですので、サンプルページからコピペして頂くだけで問題ございません。先の記事は英語文字データに対するWEBフォントですが、今回は日本語フォントの紹介です・・・という内容です。
Google Fontsイメージ
今回はGoogle Fonts導入についての解説をしています。jQueryなどの組み込みに比べるとだいぶと簡単に組み込めてしまいます。何せコピペだけで組み込めますので、知っておいて損はないことです。あと、これからもっと流行るかも知れませんので、是非体得して下さい。w
簡単WEBサイトテンプレート(PHP) ver.160202 イメージ
今回は当サイト内で配布している「簡単WEBサイトテンプレート(PHP)」の簡単なアップデートを行いましたので、その報告です。2016年2月2日にアップデートを配布しましたので「 ver.160202 」としたいと思います。コンテンツの編集領域をちょっとだけ増やしました。全ページ共通のコンテンツ部分が多いよりも、共通しない箇所が多いほうがいいよね的な、そんな感じで編集箇所を増やした感じです。ということで、今回はその解説編という感じです。
CSS3 Fullscreen Slideshowサイトイメージ
今回はjQueryは使わずCSS3とJavaScriptで背景をスライドショーのように一定時間で背景画像が切り替わる機能を組み込みました。厳密に言いますと、背景画像のように見せている画像・・・という表現が正しいのですが、細かいことは置いといて・・・。スライドショーのように画像が切り替わるタイミングやアニメーションする時間などの設定は面倒かもしれませんが、理解出来れば結構使えること請け合いです。
slick.jsサイトイメージ
今回はスライドショーのjQueryプラグイン「slick.js」の組み込みについて紹介致します。今回のjQueryプラグインはオプションが充実しているのが特徴です。本家サイトに色々なオプションが表示されていますので、気になる方は是非見てみて下さい。
bxSlider.jsサイトイメージ
今回はスライドショーのjQueryプラグイン「bxSlider.js」の組み込みについて紹介致します。当サイトで配布しているWEBサイトテンプレート(PHP)をサンプルに組み込んでいます。もちろん、レスポンシブ対応です。画像のサイズはCSSで自由に決めて使えるので、お手軽感のあるjQueryプラグインです。
Animenu.jsサイトイメージ
今回はjQueryというわけではないJavaScriptの「Animenu.js」の組み込みの紹介です。CSSとJavaScriptを組み込み、(今回の例で言えば)グローバルメニューにサブメニューをマウスを乗せることで表示させるようにします。第二階層目のリンクをグローバルメニューで表示させたい時に使えます。また、レスポンシブ対応ですので、スマホで表示する時の表示にも備えています。
Fit Sidebarサイトイメージ
今回のjQueryプラグインの紹介は「Fit Sidebar」です。このjQueryプラグインは、メインコンテンツ部分が長いと見えなくなってしまうサイドメニューを最後まで見えるようにしてくれるという機能を持っています。組み込み難易度は比較的簡単ですので、構えず見て下さい。
SlickNavサイトイメージ
今回のjQueryプラグインの紹介は「SlickNav」です。当サイトのテンプレートのレスポンシブ対応でスマホ用CSSに切り替えた時、メニューはそのまま表示しています。しかし、スマホ用CSSの時に切り替わった時にメニューが折りたたみになると便利かもしれません。ということで、メニューを折りたたみになるようなjQueryを組み込みました。
ScrollMEサイトイメージ
今回のjQueryプラグインの紹介は「ScrollME」です。ScrollMEは縦に長いページに組み込むとオシャレに見えてくる機能を持っています。縦に長いページを下にスクロールすると、新しく出てくるコンテンツがアニメーションの動作をして表示してくれます。アップルのiPhoneのページ(プロダクトタイプのページ)で同じような機能で動作してたこともありますね。最近はこのようなアニメーション動作を見なくなった気がしますが、そんな感じでオシャレに見えてきます。数少ない画像やコンテンツにインパクトを持たせるには、便利なjQueryかもしれません。
Glide.jsサイトイメージ
当サイトで配布しているWEBサイトテンプレート(PHP)にGlide.jsというスライドショーを組み込む時の解説を致します。やはりサイトには動的な要素を盛り込んだ方が、アクセスしてきたユーザーにとって見てて楽しい要素になりますよね。弊社ではこれらもSEOの要素として考えていますので、今回のGlide.jsのみに限らず、様々な動的な要素を盛り込む技術解説をしていきたいと思っています。
スマホから閲覧イメージ
スマホやタブレット端末に対応するための対策を色々考えることが増えたわけですが、”どのような対応が一番なのか?”と考えた時、結論だけを先に書くとすると、「どの対応であろうと一長一短ある。サイトの形態と設定したゴールにあわせる。」ということかなと考えています。ECサイトでテンプレート機能があって既に根幹が出来ているところを、無理やりレスポンシブ対応にすると時間がかかりすぎますし、静的なページにわざわざプログラムを書き込んで振り分ける必要もないと思います。ですので、その時々にあわせるのがベストだと思います。ということで、今回のコラム記事では、そのお悩みの一助となるような内容にしたいと思っています。
fullPage.js イメージ
弊社サイト内に新たにコンテンツを設置致しました。今回のページはインパクトを残したいと思い、紙芝居風な感じで fullPage.js のカスタマイズバージョン(厳密には別モノ?)を使いました。それについて書き残しておきたいと思います。
他のカテゴリ記事は下記からお選び下さい。
SEO対策に関する記事を投稿するカテゴリです。とにかく、SEO対策のことのみを記事にしようと思います。弊社の本業です(笑)
インターネットやWEBに関する総合情報に関する記事を投稿するカテゴリです。技術的なことでも出来るだけ分かりやすくしていこうと思います。
社内での出来事やランチのことなど、小さなことから大きなことまでを投稿するカテゴリです。少人数なのでネタは限られてますが面白可笑しくいきます!
その他、上記に当てはまらないことは全てこのカテゴリに投稿します。弊社の歴史・・・というわけではありませんが、後になって懐かしむことが出来る記事を投稿します。
株式会社SEMラボラトリー
TEL : 06-4394-8427
MAIL : info@oosaka-web.jp
PAGE TOP